CloudWatch Container InsightsでEKSのメトリクスを取得する

(2020-09-18)

CloudWatch Container Insightsは EKS/EC2上で動くK8sクラスタおよびECSのメトリクスを取得する機能。今回はEKSで使う。

CDKでクラスタを作成する場合、ECSではcontainerInsightsをtrueにすることでセットアップされるが、EKSにはまだ存在しないため手動で行う。PRは上がっている。

CDKでEKSクラスタの作成からHelm ChartでのLocustのインストールまでを一気に行う - sambaiz-net

まずCloudWatchにログとメトリクスを送れるようにするため、ワーカーノードのIAMロールか、 PodのServiceAccountに関連づけられたIAMロールCloudWatchAgentServerPolicyをアタッチする。今回はCDKで先にクラスタやロールを作るため前者の方法を取る。

cluster.defaultNodegroup?.role.addManagedPolicy(ManagedPolicy.fromAwsManagedPolicyName('CloudWatchAgentServerPolicy'))

セットアップは次のコマンドの実行で完了し、amazon-cloudwatchネームスペースにCloudWatchメトリクスを送信するエージェントとFluentdのDaemonSetや、 各リソースを取得するClusterRoleServiceAccountなどが作成される。cluster-nameとregion-nameの部分は書き換える。

$ curl https://raw.githubusercontent.com/aws-samples/amazon-cloudwatch-container-insights/latest/k8s-deployment-manifest-templates/deployment-mode/daemonset/container-insights-monitoring/quickstart/cwagent-fluentd-quickstart.yaml | sed "s/{{cluster_name}}/cluster-name/;s/{{region_name}}/cluster-region/" | kubectl apply -f -

$ kubectl get daemonset --namespace amazon-cloudwatch
NAME                 DESIRED   CURRENT   READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   NODE SELECTOR   AGE
cloudwatch-agent     2         2         2       2            2           <none>          60s
fluentd-cloudwatch   2         2         2       2            2           <none>          57s

メトリクスはCloudWatchのContainerInsightsネームスペースに送られる。 Podに割り当てられたCPUとメモリの使用率を出してみたところ、負荷をかけた際にCPUが100%に張り付いたので正しく送られていそうだ。

Podに割り当てられたCPUとメモリの使用率